B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

室内飼い猫のテリトリー(縄張り)アピール方法

テリトリー
テリトリーなんて言うと幽遊白◯…ではなく外猫の
イメージがありますが、室内飼いの猫にもテリトリー意識は
存在しています。


猫のテリトリーの種類は2種類。
食事、睡眠などをとる生活スペースの場
ホームテリトリー

狩りを行う場
ハンティングテリトリー
があります。

室内猫の場合メインとなるのが前者の「ホームテリトリー」となります。

我が家の場合、基本的に家が狭いのであまり
広い範囲での縄張り意識はありません。
大概は共有スペースで↓な感じで一緒に使っています。
共有スペース

ただ1点ちびのほうには不可侵領域が存在します。
不可侵領域

画像はソファー上部右端のいち部分。
ほんの30~40cm程度しかない狭いスペースですが
ここに他の猫(とら)が近づくと烈火のごとく怒ります。
普段メチャクチャ大人しいのでそのギャップの
すごさにたじたじ(;・∀・)

こういった場所には、猫なりにアピールがされていたりします
がどのような痕跡がある場所が猫のテリトリーになるのか?みてみましょう。

アピール方法

定期的に自分のテリトリーを知らせる方法が匂いづけ
となります。その匂いづけ方法は以下の3パターン。

こすり付け

猫に顔をスリスリされたことがあると思いますがあれは
こめかみや口周りにある臭腺をつけて
これは自分のだ!
とアピールしている動作です。

人間には匂いは解りませんが、猫同士だとこの匂いで
いろいろと判断することになります。

爪とぎ

うちのソファーが目一杯この被害に合ってます。
爪とぎは猫の習性でもありますが、匂いづけの行為でもあります。

猫は爪の周囲にも先ほど申した臭腺があるので、気に入った
場所などにはガリガリとやってくれます。

スプレー行為

基本的にメスではなくオスがする行為でスプレー行為を
してテリトリーを示します。


にほんブログ村ブログランキング

コメントを残す