B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

猫の五感が高性能すぎる件

五感
猫の五感は人間に比べればずば抜けて優れていたりします。

普段は
「遠くから名前呼んでも反応が薄いな~。聞こえてるの?」
「食べ物クンカクンカよくしてるけど鼻詰まってるの?」

など思ったりするものですが。


とんでもないw

実は自分なんかより遙かに高スペックの持ち主です。

さて、ではどこが優れているのか
「視覚」「嗅覚」「聴覚」「味覚」「触覚」
の五感についてそれぞれみていきましょう。

視覚

猫の目
猫はハンターだから視力もいいのだろうと思うと実は
視力は以外と悪く普通に近視で見えている距離は
10~20m程度と言われています。

しかし、これはあくまでも動かないものを対象とした場合。
動くものに対してはわずかな動きでも敏感に察知します。
これは、動体視力が優れている証拠ともいえます。

また、元々夜行性の動物だけあり暗視能力も桁違い。
人間と比較すると人間の必要とする照度のだいたい1/6程度の光量が
あれば、猫は物の認知が可能です。
解りやすい例をあげるなら、夜中に真っ暗な部屋で運動会始める
ときがありますが、転んだりぶつかったりしたりしませんよね。
あれが夜中に狩りをするアサシンスキルですw

逆に夜中に特化した目を持つため色を感じる機能が弱めで緑や青などは
識別できても赤は識別できない様子です。

嗅覚

猫の鼻
犬の嗅覚はすごい!なんて話はよくTVとかでも聞くので
お馴染みではありますが、猫も実はすごいんです。

うちの猫はよくクンカクンカしてるので、
鼻弱そう~w」とか思ってましたが
なんと猫の嗅覚は人間の数十万倍優れていると言われています。
バカにしてすいません、自分は足元にもおよばねぇーす(;・∀・)

このように優れた嗅覚を持つ猫ですが、どのような場面でそこまで
高性能な機能を使っているのでしょうか?
それはハンターなので体臭を消したり、痕跡を消すためトイレで
排泄物を埋めたりとエモノに察知されないよう匂いに
敏感でなくてはいけません。

次に猫は嗅覚で猫仲間や上下関係はたまた縄張りなどの情報を
取得しています。人間は目から情報を得るのがメインですが
猫の場合は鼻からの情報がメインとなっています。

聴覚

猫の耳
うちの猫はちょっと離れた場所から名前呼んでもなにも
反応がないため「なんだ難聴なのかw」とか思っていたら
人間が聴こえる周波数2万ヘルツを大きく上回る6万ヘルツの超音波まで
聴き分けられるのが猫の聴覚です。
バカにしてすいません、自分は足元にもおよばねぇーす(;・∀・)

またすごいのはこれだけではありません。
なんと猫の耳にはレーダーまで装備してあり、音の方向や距離まで
察知できるといった高性能ぶり。
こち亀の両さんなら「今、100m先で100円の音がした!」と察知でき
そうですが、そのレベルです。

小ネタとしては、猫が腹減らしたころに帰宅すると玄関で
お出向していた( =^ω^)
なんてことがありますが、あれは帰宅途中の足音を察知しているためです。

触覚

猫のひげ
触覚というかヒゲですねヒゲ。
なんであんな長いものがついているのか?と言えば
実はあれもセンサーみたいなものです。

猫のヒゲ(触毛)の根本には神経細胞が集中しており少し触れた
だけでも敏感に感じ取ることが可能です。
そのため障害物が多いようなところでも、ヒゲを便りにスイスイ
と動き回れたりします。その他、気圧や湿度など自然の変化も感じ
とったりしています。

一点注意してほしいのが、ヒゲは勝手に切ってはダメです。
かっこ良く短くしてみよう!」なんて考えて短く切ったりしたら
大事な感覚が狂ってしまいますので注意しましょう。

味覚

猫の舌
五感の中で唯一人間より劣るのがこの味覚。
猫は食べ物のおいしさの基準を味覚より嗅覚のほうで判断します。

人間同様、味覚を感じる器官はあるものの、性能的には
人間の1/10以下となります。
腐ったものを見極めるため酸味を感じる力は若干強いものの
甘味などはほとんど感じないようです。

よくマンガとかで
うちのミーちゃんはグルメざます
みたいな光景あるかと思いますが、すいません実はあんま味解ってないっすw

と、まあ改めてまとめてるみると猫の五感性能がパないって事が
よくわかりました。


にほんブログ村ブログランキング

コメント

コメントを残す