B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

猫の2頭飼いのメリット・デメリット

二頭飼い
猫を飼うにあたって、1頭飼い・2頭飼い・多頭飼いと
それぞれ状況が違ってくるとかと思います。

自分の場合は2頭飼い(メス2匹)しているので実体験をもとに
メリットやデメリットについて書いていきます。

メリットについて

やはり他に同種のお友達がいるのはいいことです。
単独行動を好む猫とはいえ、普段刺激を受けるのが
飼い主だけだと刺激不足です。

その点2匹いれば、コミュニケーションが生まれ精神的にもプラスに働きます。
一見、各々独立した行動ばかりかな~とも思ってましたが
お互いにグルーミングしたり一緒に寝たりと行動を共にする事が多いです。

たまにケンカもしますが、ケンカすることにより痛みを覚えるので
自分が痛いを思うことは飼い主にもしなくなります。(噛み付き、ヒッカキなど
運動不足解消にもなりますしw

留守番を猫に頼む際も1匹だとなんかかわいそうですが
2匹以上いれば寂しさも軽減されます。

あと、なんといっても猫同士の絡みが見られるのが
飼い主側としては一番のメリットですかねw
(猫団子とか)

デメリットについて

単純に費用が倍になります。(エサや医療費等)

これはまあ問題ないとしても、やっかいなのが
相性が悪い場合かと思います。

うちの猫達は子猫の頃から顔をあわせているおり
ごく自然に育って仲は良いほうだと思います。

しかし、中には相性が悪く互いの縄張りを分けて
生活しなければいけないケースもあるようです。
最悪ケンカして怪我することもあるので注意が必要。

あとは、かまってちゃんタイプ(オスに多いタイプ)が多いと
かなり大変になると予想できます(;´∀`)

うちの猫どもは基本的にツンデレなので、デレた時だけ
遊んであげますが、そこまで苦労はありません。
けど、かまってちゃんばかりで構成された
猫グループだと飼い主のほうが参っちゃうかもしれませんね。

それぞれの理由で1匹しか飼えない場合もあると思いますが、
個人的には2頭以上をオススメしています。
単純に自分が同じ境遇を想定するなら、コニュニケーションできる
同種がいないと考えると寂しいものがあるので(;^ω^)


にほんブログ村ブログランキング

コメントを残す