B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

猫を飼うにあたっての心構えとかかる費用

猫を飼う
猫を飼う心構えなんて堅い表題ですが、実際はそこまで難しく考える必要もありません。

自分の場合は、学生の頃なんの知識もなく子猫を飼い始めました。
ちなみに上のアイキャッチは子猫の頃の写真残ってないのでイメージ画像(汗


自分が猫を飼いはじめ最初になにをしたか?と言うと
ペットショップで子猫用の必要そうなものを用意しただけで
あとはすくすく育ち、気づけば2匹とも10年選手ですw

特に難しい飼育は必要なく、しつけもさほど大変ではありません。

そのため、他のペットに比べても比較的飼いやすい動物かと思います。
他の動物飼った事ないから比較できませんけど(;^ω^)

心構え

小学生の頃に昆虫は飼った事ありますが、
動物を飼ったのは今回がはじめて。

飼い始めはこれといった心構えがあったわけでもなく、ただなんとなく
飼っていたわけですが、やはり生き物を飼うのだからそれなりに心構えは必要です。

ペットのポイ捨てなどがたまにニュースに流れますが、
飽きたら捨てるとか…
とんでもない
こんな気分になりますw

飼うからにはしっかり面倒をみる責任があります。
そのため、飼う前に今一度冷静になって頭の中で飼った後のことを想像しシミュレートするのが良いでしょう。
家のスペース、金銭的な問題など考えることはいくらでもあります。

猫を飼うにあたってデメリットもたくさんありますので、なんとなく飼うと
お互い不幸な結果になるかもしれません。

デメリットの一例を挙げると以下の通り。

  • お金がかかる(食費、病気、用品等)
  • 爪とぎで家具や服などがボロボロになる
  • 部屋が毛だらけになる
  • 健康管理や身の回りの世話

などなど、ただ可愛いからというだけでは猫は飼えません。

自分の場合は、流れで猫を飼い始めそれまでは猫が好きでも嫌いでも
ありませんでした。好きになったのは飼い始めてからです。

そのため、上記なような事書いても説得力がないように思えますが、
逆に飼ってみて気に入らなかったらどうなっていたのだろうか…
と、思いあらかじめ心構えを持ってほしいと思う今があります。

不幸なことにならないためにも、デメリットを踏まえ今一度
考えてみるのもいいかと思います。

費用はどれぐらいかかる?

自分は学生の頃から飼っているって言えば、さほど多額な費用は
かからないと言うことが伝わるかと思います。

生後1年までに若干お金の出入りがありますが、それを過ぎればあとは
対して費用はかかりません。

では、ざっとですがここで自分がかかった費用を計算してみましょう。

まずは生活費全般

  • トイレ
  • 猫砂
  • エサ
  • 爪とぎ

通常時必要なものは、これくらい。

いつもまとめ買いしてるので、月単位で割ると2000円前後です。
(猫1匹あたり1000円程度)

避妊手術

一番費用がかかるイベントはこちら。

オスとメスで費用が異なりますが、我が家は2匹ともメスのため
避妊手術となります。手術費用は2万~2万5千円ぐらいでした。

2匹いたため学生にしては痛手でしたが、区から助成金がそれなりに
出てので、安くなりました( ´∀`)

ワクチン・病気

ワクチンは病院のススメで一度打ってもらいました。
こちらは4千円程度なのでそこまで大きな出費にはなりません。

次に病気に関してですがうちの猫どもは大きな病気をしたことがないため詳しく語れません。
しかし、人間同様に猫も病気にかかりますので病気の際はそれなりの費用が必要です。

合計

月の生活費 :2000円
避妊手術  :20000円~25000円
ワクチン  :4000円
病気    :???円
———————————
合計    :26000円~31000円-助成金

手術もワクチンも任意なので、やらない方もいるかも知れませんが、
発情期になると大変苦労しますし、誤って外に出ちゃうとほぼ妊娠しますので
やっておいたほうがいいでしょう。

これが最低限の金額であとはおもちゃ買ったりキャットタワー買ったり
おもちゃ買ったり高いエサあげたりとその他の費用は飼い主次第。

と、まあそこまでハードルは高くないため飼う前にちょろっとチェックして
「楽勝じゃん!」って方も多いかと思います。

最終的には、死ぬまで付き合っていくパートナーとして実感が持てるかどうかだと思います。


にほんブログ村ブログランキング

コメント

コメントを残す