B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

猫がエサの回りで砂を掘るような動作しているのはなぜ?

エサの回りでガリガリ
猫がエサを食べ終わった後にエサの回りでガリガリして、
砂をかけるような仕草をしているのを見たことある人も多いかと思います。

これって一体なにをしているの?
と疑問に思っているも多いハズ。

それでは、その行動の正体を明かしていきましょう。

実は隠しているのです

まずはこちらの動画をチェック

こんな感じで食べ終わったエサを隠そうとする仕草をするのは
本能的に「他の奴らに取られないように隠しておかねば(`・ω・´)
といった感じで、砂を掘って隠そうとする動作をします。

そして、この動作にはもう1つの意味もあります。
エサを食べ終わった後にする場合は上記に書いたように
隠す動作となります。

逆にエサを食べる前にこの動作をする場合は
エサが気に入らないって意味合いになります。

平たく言えば星一徹のちゃぶ台ひっくり返しみたいなイメージで
こんなもの食えるかバカモン!」といった感じですかねw

また中には、新聞紙やチラシなどを引っ張ってきてエサを隠す猫も
いるみたいです。野生だと落ち葉などで隠したりするので代替として
これらの物を使っているんでしょうね。

我が家の猫の場合は、食器をそのまま床に置くのもなんだからと
思い当初は食器の下に簡単な敷物を敷いていたんですが、
これをガリガリするようになっちゃっいました。
ちなみに取り除いたらガリガリも無くなりました。

そんな感じで特に対策する必要もなかったんですが、ガリガリが酷い
場合はエサ一回分を適量に調整するといいようです。
隠すエサが無ければ埋めようとする必要もないので、
効果は期待できそうです。


にほんブログ村ブログランキング

コメントを残す