B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

室内飼いの猫の運動不足解消法

デブネコ
室内飼いの猫は運動不足なイメージがありますが
実際のところは運動できる環境を作ってあげれば問題ありません。

猫は元々狭い範囲でしか行動しない動物なので、狭い家だからと
いって運動不足を心配することはないです。
基本的に大好きな上下運動さえできる環境を作っておけば
家の広さは気にせずとも大丈夫。


では狭さに定評のある我が家の運動不足を解消する
コツを書いていきます。

日常に運動を混ぜる

家の広さに余裕があればキャットタワーなどを使う手がありますが
そんな余裕もない人はこんな手もありかと。
水飲み場

自分は水飲み場を台所シンク横に設置しています。
高さは90cmないくらいですが、猫からすれば十分な高さです。

水は毎日飲むので、日常生活に運動を混ぜている感じです。

段を作る

猫の祖先は森で暮らしていただけあり、高いところに
登るが大好きです。そのためできるだけ高さのある段が
用意できると好ましいところ。
本棚
まずはこんな感じの本棚。
ルートとしては、矢印の通り。
さすがに一撃で頂上までジャンプするドラゴンボール的な
ジャンプ力は猫とはいえ持ってないのでたどり着く足場は
必要です。

ここでもう一つ面白いネタとしては画像では
解りづらいかもしれませんが、本棚のてっぺんと天井の
隙間はほんのわずかしかありません。

と、いうことは。
第一の足場は問題ないとして本棚の飛び移る際には
ジャンプが強すぎると天井に頭ゴツンします。
逆に低すぎても届きません。
猫はこの空間認識力もすごいです。

話それましたが他には
TV
TVも好きでしたね。暖かいので人気ありました。
過去形なのは今は液晶となり横幅がなくなり上に乗れなくなって
しまったからです。

あまり上には乗ってほしくない場所もあるかと思いますが、
できればこういった上下運動できる場所があれば狭い家であれ
運動不足にはなりません。

以上の理由から家具などの買い替えのときには
少しこの辺りのことも考えて購入するのも良いかと思います。


にほんブログ村ブログランキング

コメントを残す