B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

子猫を飼う上で注意したい危険なもの

子猫
子猫=好奇心の塊です。
気になるものには、すぐに興味を持ち行動に移します。

これは元気で賢い証拠ですが、人間の家の中には、
子猫にとって危険なものも多いので、これらは予め
片付けておきたいところです。

子猫が興味を示す危険なもの

以下では、自分が気になっているものを挙げていきます。

  • タバコ
  • 人間の食べ物
  • 割れ物注意
  • 電気コード
  • 危険物
  • チェックポイント
  • 火の元

タバコ

今でこそ辞めて(断煙)ますが、タバコ吸っていた当時に子猫だった
やんちゃな我が家の猫(とら)が灰皿イジッていて舐めそうに
なってたことがあり、ヒヤヒヤしたものです。

人間の食べ物

当時の自分がそうだったのですが、猫にたいする知識がないと
人間の食べ物をじっと見ている子猫に対して食べ物をあげたく
なるものです。

しかし、人間の食べ物の中には猫には大変危険なものがあります。
※詳しくは「猫に与えてはいけない危険な食べ物」参照

そのため、あらかじめ危険な食べ物を調べておく必要があります。

割れ物注意

部屋の中に割れ物(ガラスや陶器)がある場合は、十分注意しましょう。

子猫の手が届きそうにない高い場所に置いても、半端な高さだと
意外にジャンプして届いてしまう場合があります。
猫のジャンプ力はハンパないです。

電気コード

我が家の猫はあまり興味持たなかったので良かったのですが
電気コードも危険の対象です。ヘタにかじって感電なんてこと
にならないよう、注意しましょう。

あまりにも酷い場合はケーブルカバーを使ってガードします。
ケーブルカバー
高いものではないので、すぐに対処ができます。

危険物

洗剤や薬品など子猫が誤って舐めてしまう危険性があるもの
には十分注意します。
加えて人間用のサプリや薬などはテーブルの上に置きっぱなしに
したままにしまいがちですが、これらも合わせて注意します。

使う前にチェック

子猫が潜みそうな場所も使う前にチェックします。
例えば、洗濯機もそのうちのひとつです。猫は狭い空間が
大好きです。そのため知らぬうちにこういった場所に侵入されている
こともあります。

また、ドアや扉を閉める前には誤って挟まってしまったりしないように
します。日頃から力いっぱい閉めるのでなくゆっくり閉めるクセを
つけておくといいでしょう。
また、猫の存在に気が付かず扉を閉めてしまうケースもあります。

以前、猫(とら)が見当たらないな?と思っていたらなにやら
お風呂場でみゃーみゃー声がします。開けてみるとそこにとらがw
って話もありました。確認したときは目につかなかったのですが
どうやら死角にある洗面器に隠れていたみたいです。

火の元

可能性としては、薄いことですがカセットコンロやプッシュ式ライター
など子猫でも火がつきそうな道具は念のため片付けておいたほうが
いいかと思います。

対処法

子猫のうちは特に好奇心が強いので何事にも興味津々なのは仕方がない
ことです。激しく叱ったりすると恐怖の対象となってしまいよくありません。

まずは、片付けられるものはしっかりと片付けるのが第一。
次に叱るとときは、現行犯で少し大きめな声で「ダメ」と叱ってあげます。
逆に、いいことをしたらしっかり褒めるようにします。これにより
ダメなことと良いことの区別がついてくるようになります。

子猫のしつけについてもう少し詳しく知りたい場合は
子猫のしつけ方」をご参照ください。


にほんブログ村ブログランキング

コメント

コメントを残す