B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

猫に与えてはいけない危険な食べ物

チョコレート
食べ物なら誰が食べても平気だろう。
と考えてしまうかもしれませんが、人間と猫では
食べられるものが異なります。

何気なくあげたものが、猫にとっては死をもたらす食べ物
であるケースもあり、気軽に人間の食事を与えるのは
注意したいところです。


今回は猫にとって有害なものを書いていきます。
と、言ってもここで載せているのはほんの一部で
この他にも細かく分類すると何百種類もの食べては危険なものがあります。

下記にあげるのは、中でも特に危険な部類の食べ物を
紹介しています。
一番良い対処法は、人間が口にするものはあげないで猫用の
食事のみあげていればなにも問題はありません。

猫が興味深そうに見ているとついついあげたくなって
しまうものなんですけどね(;^ω^)
うちの猫どもはマックが好きで、マックチキンやポテト
を少量だけあげたりしています。
ちなみに塩分が強いものは本来NGです(><)
たまねぎ
※↓カーソルを乗せるとハイライト表示します。

食品名 食べてはいけない理由
タマネギ・ネギなど 猫の赤血球を破壊する成分を含んでおり貧血などを起こす原因となります。
チョコレート・ココアなど カカオの成分が中枢神経を刺激し、痙攣や発作の原因となります。
アワビやサザエ 皮膚炎になる恐れがあり、場合によっては壊死してしまうケースもあります。
生のイカやタコなど 消化がとても悪く、さらに胃の中で膨張するため胃拡張の原因ともなります。
生の豚肉 消化不良及び寄生虫感染の恐れがあります。
イーストのパン 胃の中で膨張するため危険です。
ブドウ、レーズン 腎臓にダメージを与える危険性があります。
アルコール類 嘔吐や意識障害など死の危険もあります。
カフェイン お茶、紅茶、コーヒーに含まれており、心臓や神経に負担がかかります。
牛乳や乳製品 猫は乳糖を消化する酵素を持たないため下痢の原因ともなります。
大きな骨のあるもの 魚や鶏など大きな骨があるものを与えると、尖った骨により喉などを痛める場合があります。
香辛料 嗅覚を麻痺させてしまう他、胃への刺激も強いの注意。

食卓に置いておくと、目を離したスキに食べてしまう危険もあるため飼い主さんは十分に注意しましょう。


にほんブログ村ブログランキング

コメント

コメントを残す