B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

老猫になってから与えるエサ(食事)は?

寝るとら
6歳を超えた辺りから老猫としての症状が出始めます。

目に付く特徴としては、あまり遊ばなくなったり、
睡眠時間が長くなったりするのが特徴です。

我が家の猫たちもこの辺りの時期から寝てばっか生活気味w


個体差はあれどこのような症状が出てきたら老猫化してきたと
考えてください。

老猫以前のエサの与え方については下記を参照ください。

老猫用のエサはどうすれば?

老猫になれば、今までより運動量も減り代謝も落ちるため
カロリーも今までより2割ほど少なくします。

ドライフード
簡単な方法では上記のように年齢が書いてあるキャットフードならその年齢に
適したバランス配分がされているので、これを目安にするのがいいかと思います。

気をつける点

老猫になると腎臓が弱ってくるので、水分補給が少ないと
腎不全や尿路結石の原因ともなります。
ドライタイプだと水分量が少ないため注意が必要です。

元々、水をあまり飲まない猫の場合は、老猫を境に
ウェットタイプをメインで利用するのも考えたほうがいいでしょう。
ただ、ウェットタイプのみだと栄養バランスの問題があるので、
栄養バランスのよいドライタイプも一緒にあげるのがいいです。
ウェットフード


にほんブログ村ブログランキング

コメントを残す