B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

離乳期の子猫に与えるエサ(食事)は?

子猫エサ
生後3週間ほど過ぎた子猫には、ミルクを卒業し離乳食を
与える時期になってきます。

この時期になったらミルクと並行し徐々に離乳食と水に
シフトしていくようにします。

ちなみに、離乳期は3週間~8週間前後ですが、個体差がありますので、
授乳期が早い子猫もいれば、遅い子猫もいます。
移行のタイミングは興味を示してきた(食べたそう)辺りに切り替えていきます。

授乳期のミルクのあげ方については
授乳期の子猫に与えるミルクの飲ませ方
を参照ください。

離乳食を用意する

まずはエサの準備です。

ネットショップであれペットショップであれ
離乳食はほぼ置いてあると思うので、店員さんの
オススメでも買っておけば問題ないでしょう。
離乳食
自分の場合はセオリー通りのこの離乳食使ってました。

子猫によって食べる量は異なりますが、食べる量の
様子を見てあとはまとめ買いしておくと楽ちんです。

離乳食の食べさせ方

今までミルクしか飲んでなかった子猫からすれば
固形物は未知の食品(゜д゜)??
そのため、固形物を食べさせるまでには時間が必要です。

最初は、離乳食を指に塗って舐めさせる事から初め
徐々に自分で口にするように運びます。

離乳食を舐めるのに慣れてきたら、次は器であげる練習をします。
醤油皿
100均に売ってるような底の浅い醤油皿なんかが丁度いいです。

エサを器に盛ったらあとは、自力で食べれるように誘導してあげます。
食べづらそうにしていたら、離乳食に水かミルクを加えペースト状に
してあげると食べやすくなります。

量に関しては、食べ盛りのため食べれるだけあげてしまって大丈夫です。
でぶにゃんになったらどうしよう( ´・ω・`)
なんて心配は今はしなくて大丈夫ですw

水を飲ませる

離乳食を食べるようになったら、水を自力で飲ませる練習も必要です。

慣れないうちは、自発的に水を飲んでくれない場合もあるので
そんな時は指で子猫の口の周りに水をちょちょっとつけてあげます。

これを舐めるだけでも少量でも水を含むこととなり時期に慣れていきます。

水の容器も最初は小さく浅い物を用意しましょう。
最初はよくひっくり返してしまったりするため、溢れてもいいような
ほんと小さい容器でいいです。
さすがにペットボトルキャップとかは小さすぎますけどw


にほんブログ村ブログランキング

コメント

コメントを残す