B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

生まれたての子猫を飼う際に用意するもの

ダンボール
生後~3週間程度の授乳期の子猫を飼う場合
に揃えておきたい物はどんなものでしょうか?

経験談を踏まえつつ、そのあたりの紹介をしていきます。

まず、用意しておきたいものは以下の通り。

  • ダンボール(高さがあるもの)
  • 哺乳瓶
  • ミルク
  • スポイト
  • 保温器具
  • ガーゼ
  • ウエットティッシュ
  • ペットシーツ

ミルクのあげ方などについては
授乳期の子猫に与えるミルクの飲ませ方
にて解説してますのでこちらをご参考ください。

排泄関連は
子猫の排泄のお世話
をご参照ください。

寝床の用意

まずは子猫の寝床を用意します。

プラスチックケースやキャリーバックなど寝床として
使えるならどれでも良いのですが、やはりお手軽なのは
ダンボールになるかと思います。

ダンボールは保温性、通気性にも優れており蓋を閉めれば
子猫も安眠しやすいといった利点もあり至れり尽くせりなナイスなアイテムです。

さらに言えばお金もかからず、汚れたらすぐ交換もできるため
経済的にもとても優れたアイテムなのです。

寝床の準備

ダンボールやキャリーバックなどなんでもいいので、寝床が
用意できたら次は保温の準備。

子猫はとにかく温める事が一番大事です。
寒さ対策だけはガッツリやっておきましょう。
ちなみに適温は30度前後なので、常にこの値をキープするよう
心がけます。

自分の場合は、まだ温かい時期だったのでフリースを使ってました。
簡単に言えば、ダンボールの中にペットシーツを敷いてフリースで温める形です。

冬の時期などは、ペットヒーターがオススメです。
座布団
座布団や猫こたつなど今は様々なペットヒーターが
あるので、気に入るものがひとつはあるかと思います。

この他にも電気アンカや湯たんぽなど人間が使うものでも
代用は可能ですが、温度調整などに気をつける必要があります。

注意点

自分の場合はダンボールを使っており、自分が寝る際には
危険な場所を動きまわらない蓋を下記のように閉めていました。
ダンボール
特に問題がなく数週間が過ぎた時の事。
朝起きたら…
ダンボール猫
エェ━━━━━( ゜Å゜;)━━━━━!!?
ダンボールから猫が生えてる!じゃなくて首が
引っかかってる!!(上記イメージ図)

エライコッチャで、即座にバイクで病院に連れていき
事無きを得ましたが、大変危険な状態でした。

安眠性を良くするため良かれと思ってやってましたが、
ダンボールの高さが十分でないとこのような事故にも
発展する可能性があるので十分注意してください。

とにかく猫の好奇心とジャンプ力を甘くみてはいけません。


にほんブログ村ブログランキング

コメント

  1. 名無しねこさん より:

    あね聞きたい事があるんですけど

コメントを残す