B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

多頭飼いの場合は猫のエサは分けたほうが良い?

猫の食器は分ける
複数猫を飼っている場合、エサはそれぞれの猫に食器を別々にして
あげたほうがいいのだろうか?と思う人もいるかと思います。

結論から言えば分けたほうがいいと言えます。

その理由として

  • 力関係が存在する
  • 病気、肥満時の対策
  • 衛生面

おおまかに分けるとこの3点

力関係が存在する

猫それぞれに力関係があるため、強い猫は食事量が
多く弱い猫は少ないといったことになるケースがあります。

年齢差や体格差がある場合は分けておくほうがやはり無難ですね。

病気、肥満時の対策

病気や肥満で食事制限が必要だったりする場合は他の猫と
エサは別にする必要があります。

普段から皿を分けておけば、こういった場合でも困りません。

衛生面

複数の猫で一緒の皿で食事となるとお世辞にも衛生的とは
言えませんよね(;^ω^)

また心理的な面でも「他の猫と一緒の容器はごめんだ(`・ω・´)
って猫もいるかと思います。
人間でも他人と同じ容器で一緒に食事するのには抵抗ある
人もいますしからね。同じことが猫にも言えます。

我が家の場合

上記では分けたほうがいいと言っておきながら我が家では
一緒にあげてたりします。

理由としては家が狭いから無駄なスペースが作れないw
といった悲しいお話は置いておいて我が家では小さい頃から一緒にエサをあげていたので、今更分けてエサをあげても結局一緒の皿で食べてしまうのが第一ですかね(;^ω^)

猫に食事(エサ)を与える量と時間帯とその回数
↑こちらの記事で書いたように猫は基本的にエサは好きな時に食べるムラ食い型なので食事時間がかぶるわけでもないし、エサを独り占めしちゃうなんてこともないのでドライフードに関しては一緒にしています。

ちなみに猫缶やおやつなど量が決まっているものについては、
不平がないよう分けてあげてます。

エサを一緒に与える場合は不平などが出ないよう
キチンと観察したうえで判断するのが良いと思います。


にほんブログ村ブログランキング

コメントを残す