B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

猫のトイレのしつけ方

ガーン
猫を飼うにあたってまず最初に覚えさせる必須項目がトイレのしつけ。

これをキチンと覚えさせないと家中あらゆる所で粗相連発なんて事態に陥る事も…。

猫の尿は臭いが強く場所によっては、取り返しのつかない精神ダメージを負う場合もあります。
例を挙げると(カーペット、布団、座布団、洋服など)などにやられると洗濯が大変どころか臭いが取れずそのまま廃棄なんて悲しいことにも成りかねません。
そんな事にならないためにも、一刻も早くトイレを覚えさせるのが先決です。

どのようにして猫にトイレをしつけるのか?

まず最初にトイレを用意します。
種類もいろいろありそれぞれ特徴も異なるので自分の家に最適な物を選ぶことが大事です。
無駄金にならないようにまずは「猫のトイレの種類」をご参考ください。

基本的には1匹につき1つのトイレが好ましいのですが、自分の家のように
狭い家だと余分なスペースがとれないなんて方もいらっしゃるかと思います。
その場合は最悪大きめなタイプ1個でもなんとかなります。

場所を決める

猫は変化を嫌う動物なので、基本的にトイレの位置は固定し、
できるだけ一度決めた場所から移動しないようにしましょう。

また、選ぶ場所としては静かで人目につかない場所を選びましょう。
安心して排泄できない場所だと、うまくしてくれない場合があるので。
人間でも人目が多い場所じゃ落ち着きませんからねw

キッチリと覚えさせる

トイレの設置が完了したら、あとは猫に場所を覚えさせるだけです。

覚えさせ方は、そわそわし始めたらトイレに連れて行ってあげ
排泄するのを待ちます。
排泄が終わったら砂をかける動作を猫の手を持って「ここだよ~」と教えてあげます。
これを何度かやってあげると、すぐに覚えます。

上記のケースでダメな場合。
他の場所で粗相したおしっこを、ティッシュで拭き匂いのついたティッシュを
そのままトイレに放置します。
トイレのしつけ
こうやって、「トイレはここだよ~」と示してあげます。

あとは、何度か様子を見て問題ないようなら成功となります(´∀`)

自分の家の猫たちで言うと1匹(とら)は普通にトイレを覚えてくれましたが、
もう一匹(ちび)が最初手こずりました。

その辺のお話は「猫がトイレで排泄してくれない…」でまとめておきます。

ネコによってはなかなか覚えてくれずに根気がいる作業になるかもしれませんが、諦めずに頑張りましょう。


にほんブログ村ブログランキング

コメント

コメントを残す