B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

猫のお風呂上り後ドライヤーを嫌がる場合の乾かし方

ドライヤー
夏場はともかく冬場に猫をお風呂に入れて
そのままってはさすがに可哀想です。
しかし、ドライヤーをしようにも「嫌がってしまいうまくいかない…
なんて飼い主さんは多くいるかと思います。
かくいう自分もその一人ですしw

猫って元々ドライヤーの音が苦手なので直接風を当てようと
しても逃げられてしまうんですよね。
そこでドライヤーに頼らない我が家でやっている
猫の乾かし方を書いてみようかと思います。
お風呂上り


お風呂上り後の長毛種(ちび)の姿。

猫の乾かし方

まずはしっかりとしたタオルドライ。

この際、普通のタオルではなくマイクロファイバーのタオルが超オススメ!
普段自分でも使ってますが、このタオルは水分の吸収力がハンパないです。
髪を乾かす前にこのタオルで拭くだけで乾燥時間が半分以下になるほどの威力を発揮します。

我が家の長毛種のほうはとにかく毛が乾くのが遅いので、
これを使わない手はありません。
短毛種のほうはマイクロファイバータオルでタオルドライしてしばらく放っておけば自然乾燥するほどです。

そんな高いものでもないですし、手間を考えれば断然オススメです。
詳細は↓
マイクロファイバー人気順

コタツを使う

夏場ならタオルドライしてあとは自然乾燥でもいいんですが、冬場なら
コタツをオススメします。
これならドライヤーと違い嫌がることもなく、
むしろ喜んで活用してくれます。
コタツ乾燥
しばらく放っておけば、さきほどのエイリアンみたいな姿が
従来のもっさりした姿に元通り(´∀`)

また普段家でコタツを使わない人のために今はペット用のこたつなんて
ものもあるんですね(;・∀・)
見た目はちゃっちそうですけど、安いですし省エネタイプのようなので
これを使うのもありかと思います。

ドライヤーで乾かす

これは自分はあんまオススメするものではありませんが、ドライヤーを
使った最終手段もあることにはあります。
それは、キャリーケースなど隙間のある入れ物に入れて外側からドライヤーを
当てるといった方法です。

これなら直接当てられるよりは多少ストレスも軽減するのかと思います。
まあ、猫次第とは思いますが(;^ω^)
ちなみに我が家の短毛種はこの方法でも問題はありませんが、
長毛種のほうはこの方法でも嫌がります。

そのため我が家ではタオルドライ→こたつの方法を採用しています。
これなら手間もかかりませんし、猫のストレスにもなりません。


にほんブログ村ブログランキング

コメント

コメントを残す