B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

猫用のブラシの種類と特徴をまとめてみた

猫用ブラシ
猫用ブラシといっても、種類も多くその用途はそれぞれ異なって
いるので猫に合ったブラシを用意しておくといいでしょう。

では、さっそくいってみましょう。

コーム

コーム
金属製のクシです。
短毛種、長毛種問わず重宝するのでひとつは持っておきたいアイテムです。

似た種類はいくつかあれどオススメなのは、写真にあるような荒目と細目の両タイプ型。
荒い目のほうで猫のもつれ毛をほぐし、仕上げとして細い目を使います。

自分もこのタイプ所有しておりますが、特に活躍するのが毛が大量に抜ける換毛期のとき。コームを通すともっさりと毛が収穫できて大変便利です。

ラバーブラシ

ラバーブラシ
歯の部分がゴムタイプのブラシです。
歯が短いので短毛種向けのアイテム。

浮いた毛をごっそりと収穫できる他、猫の皮膚へのマッサージ効果もあります。
たんに、毛を取るのが目的なら写真のタイプより
軍手タイプのほうが使い勝手は良いです。

ピンブラシ

ピンブラシ
針金の先端ピンが丸まっているブラシ。
短毛種、長毛種問わず使え皮膚や被毛を傷つけずブラッシングができます。

ただ、重度の毛玉やもつれに無理にとかすと曲がったりしてしまうので通常のブラッシングにのみ使用します。

ブリストルブラシ

ブリストルブラシ
主に豚毛が使われている獣毛ブラシです。
ブリストルブラシは短毛種向け、長毛種向け、硬さ、長さなど種類が豊富なので猫の毛質に合わせて選びましょう。

例えば、毛の硬めの猫には硬めのブラシ。
長毛種の猫には毛の密集度が粗めのブラシなど猫の毛質で選ぶようにします。

スリッカーブラシ

スリッカーブラシ
曲がった細い針金がついているブラシ。

基本的に皮膚には当てず、毛玉やもつれをを除去するのをメインとして使います。
使い方はコーナー部分を使いうまく絡め取ります。
サイズや硬さなども選べますので、こちらも猫の毛質に合わせて購入しましょう。

オプション

グルーミングスプレー
上記ブラシに加えて、あったほうが便利なのがこのグルーミングスプレー。

効果としては、静電気をおさえたりドライヤーの熱から毛をガード。
また、スプレーすることにより毛玉やもつれになりやすい毛もスムーズにブラッシングできます。毛玉が多くて困ってる場合は一度試してみる価値はあります。

我が家のブラシ

ちなみに、うちで使っているのは以下の3つ。

左から両面ブラシ(獣毛、ピン)、細歯コーム、両タイプコーム。

我が家は短毛種、長毛種の2匹なので両対応のものが多いです。
一度購入したら当分使えるので、安っぽいもの選ぶより効果が高そうなしっかりしたもの選んだほうがいいかと思います。

楽天などで評判のよいものを選んでおけば問題はないでしょう。


にほんブログ村ブログランキング

コメント

コメントを残す