B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

猫を持ち運びするために必須なキャリーバッグ

キャリーバッグ
動物病院や帰省など猫と一緒に移動する事もあります。

突然の病気や怪我で、すぐ必要になる場合も考え
持ち運び用のキャリーバッグは事前に用意しておきましょう。
できることなら、子猫の頃からあったほうが良いです。
理由としては、慣れさせることがあげられます。


猫は自分の縄張りより外に連れ出されるのが好きではありません。
それなのに、突然キャリーバッグに入れられ病院などに連れて行かれると
猫からするとキャリーバッグ=恐怖の対象となってしまいます。

うちの猫(とらのすけ)は、初めて病院連れて行った日に初めて
キャリーバッグに入れたですが、慣れていないうえに知らない場所に
連れて行ったため、病院でも暴れる暴れる(;^ω^)
それ以降キャリーバッグ→病院→嫌い(><)
といった感じになってしまいその後慣れさせるのに時間がかかりました。

そんなことにならないためにも、小さいころから慣れさせておくのが
いいでしょう。普段は部屋の端っこなどに置いておくと自分から
入ってしばらくすると慣れてきます。

キャリーバッグの種類

猫用とはいえバッグなので人間用と同様種類は様々。
トート、リュック、ボストン、ショルダーなどなど
形状はいろいろ選べます。

選ぶコツとしては、用途にもよります。

  • 車での移動がメインなら、あまり衝撃を伝えないタイプ。
  • 自転車メインなら背中にしょうリュックタイプ。
  • 電車メインなら人目があるので少し洒落たタイプ。

と言った具合。

特にこだわりがなければ、売れ筋から選べば良いかと思います。

ちなみに我が家で使ってるのは一般的なキャリーです。
一般的なキャリー
選んだ理由は、当時は原付きでの移動がメインだったため
足元にスッポリと置けるこのタイプを選びました。

同タイプなら上からも開けられ、横からも開けられるWドアタイプの
下記のようなキャリーがオススメです。
Wドアタイプのキャリー

購入の際の注意点

購入する前に注意しておきたいのがサイズです。

子猫の時に購入する場合でもあっても猫はすぐに大きく
なるので、子猫用の小さいのではなく成猫のサイズを意識した
気持ち大きめのサイズを選んだほうがいいです。

自分の場合は、原チャの足元に置ける気持ち小さめサイズ
にしてしまったので、中はさほど広くなく短距離移動向きになっています。
(狭いと長時間入れられているとストレスになるので…)

そのため、用途に問題がなければ中が多少広めで遊びが
あるキャリーバッグのほうが猫にもストレスが少ないと思います。


にほんブログ村ブログランキング

コメント

  1. 名無しねこさん より:

    まめ〜

コメントを残す