B
記事部分の文字サイズ調節や太字ありなしの設定ができます(太字はまとめ記事のみ)

猫砂の種類と特徴をまとめてみた

猫砂
猫のトイレを用意したら一緒に必要なのが猫砂です。

トイレをまだ用意してない場合は「猫のトイレの種類と特徴まとめ
もよろしければご参考ください。

猫砂と一言にいっても種類は豊富でそれぞれ特徴が異なる
ため一つづつ解説していきたいと思います。


最初はどの砂を買っていいか迷ってしまうかと思いますが、
気楽にいくつか試してみて自分のしっくりくるのを選ぶのもアリです。

まずは一般的に使われている猫砂を紹介してみましょう。

鉱物系

スーパーサンド

我が家で現在使っているのが、このタイプ。
穴掘りできるこのタイプは猫がとても好みます。
そのため、うんちもしっかり埋めてくれるので臭いを
しっかり閉じ込めてくれます。

また、おしっこも固まりやすいので、片付けやすいのも特徴の一つ。

デメリットとしては、砂に近いため他の猫砂に比べ粉塵が舞いやすいため
気管支が弱い方などには不向きです。

そして極めつけは、重量があるためお店で買うと持ち運びが大変です。
そのため宅配してくれる店かネット通販で購入するのがオススメ。

木系

ひの木の猫砂
本来、木の上で生活していた猫なので木との相性は良さそうです。

おしっこの吸水性が高く固まるタイプ、固まらないタイプが存在します。

素材が軽いため、砂が飛び散りやすいのですが最近のは改良されており
鉱物系を混ぜ重量を持たせ飛び散りにくくされているタイプもあります。

おから

おからDEサンド
食せるおからなので、誤って猫が食べてしまっても大丈夫です。

処理の方法としてトイレに流したり燃やしたりもでき鉱物系
などに比べると後始末が楽ちんです。

お茶

デオトイレ
おから同様リサイクル原料となります。

見た目通りお茶の匂いがするのが特徴で、猫の排泄物の嫌な臭いを
ガッチリと包み込みます。

おからと同じくトイレにも流せるので処理が楽です。

シリカゲル系

シリカゲル
猫砂の中でも消臭力はダントツ!

おしっこをすばやく吸収し乾燥させます。
すのこトイレにはこの手の固まらないタイプが使われます。

以前、使った事があるタイプですが、今でこそいろいろな形状が
ありますが、以前自分が使っていたのは球状でおしっこを吸収した球状の玉が
家中に散らばった事から変更しちゃいました。・゚・(ノД`)・゚・。

紙系

ファインブルー
最大のメリットは軽くて持ち運びやすい点。

ただ、逆を言えば軽いので散らばりやすいといったデメリットもあります。
以前に自分も使っていましたが、散らばる点と思ったより固まりが
弱かったので、変えてしまいました。
(今は大分改良されていると思いますが…)

最大のメリットは軽さですが、通販や配達ありのお店を利用していれば、
持ち運びの重量で困る事はないため、配達利用が可能な方は紙タイプは
個人的にはオススメしていません。

炭系

竹炭の猫砂
おからやお茶と同様のリサイクル原料になります。

強力な脱臭力に定評があり、後始末もトイレに流す、燃やすなど
お掃除がお手軽です。

以前、友達の家で見た感想としては、猫が好んで穴掘りしますが
粉塵が舞いやすく喘息持ちの人などにはキツイかな~って気がしました。

上記で紹介した猫砂の売れ筋ランキングをチェックするなら↓

最後に

それぞれ一長一短がありどれが一番ってわけではないので、
家の状況に合うもの、猫が気に入るものなどを基準に考えるのが良いかと思います。
最初のうちは、いろいろな砂を試してみる事をオススメします。

自分も何度も砂を変えたりしてますが、今だ100%満足しているわけではありません。
年々改良もされ続けていろいろな新商品も出てますし、定期的に試してみるのもアリです。


にほんブログ村ブログランキング

コメント

コメントを残す